白鳥の家 アウトドアリビング 自然と共に暮らす家

白鳥の家 アウトドアリビング 自然と共に暮らす家

岐阜県郡上市白鳥町 白鳥の家。

近隣の山々に囲われた、のどかな田園風景に家を建てることが出来る。

それが岐阜県に家を建てるメリットの一つだと、僕は考えています。

確かに、不便さも少々あることでしょう。

けれども、「自然と共に暮らすことができる」という贅沢さは、都市部では、お金で買うことの出来ないプライスレスなものです。

「その魅力を最大限化させよう」というのは、いつも考えているテーマの一つですね。

こちらの写真から見える、右奥がアウトドアリビング、左に、土間リビング・ダイニングキッチンへと空間が連続していきます。

アウトドアリビングとは、半屋外空間(室外)なのですが、屋根がかかることで室内のように使えるリビングルームです。

生活が外へと広がっていくような空間ですよー。

そのアウトドアリビングがデザイン的にも、間取り的にも、流動的に室内へと連続します。

ちなみに、この家には、アウトドアリビング / 土間リビング / リビング、3つのリビングがあり、流動的につながっていきます。

自然(外部)⇒アウトドアリビング(室内的屋外)⇒土間リビング(屋外的室内)⇒LDK(内部)

というように、何層かのレイヤーを通して、外部と内部を繋げると、優しく内部と外部が繋がります。

そして、デザインの連続性として、最も大切にしたのが、屋根・天井の連続性。

このような美しい梁の連続が、内外を通して続き、意識がナチュラルに外へと向けられていきます。

この梁は、デザインとしてだけでなく、構造としても機能しています。

間取り・空間構成・構造・デザイン・機能などを一つの方向性で統合・調和し、魅力あふれる建築をつくり上げる。

そして、住宅であれば、具体的に、素敵な暮らし方まで提案する。

それが、TAWKSの目指す「建築デザイン」です。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP