小牧の家 吹付断熱 アクアフォーム

小牧の家 吹付断熱 アクアフォーム

愛知県小牧市 小牧の家

鉄骨造3階建 総合リフォーム・フルリノベーションのプロジェクト。

吹付断熱の工事が完了しました。

上の写真は1階部分の断熱材の様子です。

こちらの写真は2階部分。

TAWKSでは、基本的に断熱は「現場発泡吹付ウレタンフォーム」通称、吹付断熱を採用します。

理由は、断熱性能・気密性・吸音性が高いからです。

吹付断熱を採用した家は、断熱性能が高いのもさることながら、家の中がとても静寂で、「シ~ン」とします。

この静寂性が、「良い家だ!」という空気感を生み出しますよ。

今回は、数ある吹付断熱の中でも、トップメーカーのアクアフォームを採用しました。

こちらは、3階部分の断熱材の様子。

隙間なく、充填されていることがよく分かりますね。

鉄骨部などは、まだ断熱材が施工されていませんが、この後、グラスウールや、ボード状の断熱材 硬質ウレタンフォームで覆っていきます。

このように、断熱材についても問題なく施工されているか、設計事務所もチェックしていきます。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP