杉の美しさ 無節・上小節・特一等

杉の美しさ 無節・上小節・特一等

岐阜県郡上市白鳥町 白鳥の家

美しい杉の壁。

なぜ、この杉の壁は美しいのか、分かりますか?

答えは、簡単。節が無いからですね。

杉にも、無節・上小節・特一等と、ランクがあり、無節から順にランクが低くなっていきます。

基本的に、TAWKSでは、「無節」がファーストチョイスですね。

最も良いものがファーストチョイスなんて、当たり前のことです。

また、壁や軒・天井に採用する板材の樹種によって、テイストは変わっていきます。

TAWKSでは、スタイリッシュ、和モダン、など、依頼主のイメージに合わせて、樹種も変えていきますよ。

白鳥の家には、杉が最もマッチすると判断し、採用させて頂きました。

ガルバリウムと呼ばれる壁材とも、よく合います。

さらに、保護材の塗装を施すと、より良さが際立ってきます。

話が少し脱線しますが、、、

どんな空間が好きですか?どんな建築が好きですか?

と聞かれることが、結構あります。笑

スタイリッシュとか、素朴で味があるような、和モダンとか、人それぞれ好みは色々あるでしょうね。

これは、和田さん好みじゃなさそうですね。とか言われることもあります。笑

でもね、、、正直、僕にとっては、テイストは、どうでもいいんすよ。笑

世界中の名作を見て廻り、モダンな建築も、コッツウォルズも、伊勢神宮だって、好きです。

あのクオリティを評価出来ないワケがない。

だからこそ、可能な限り、依頼主の好みに合わせたい!と、強く思っています。

でも、僕の好きな空間を一言にするのであれば、

「響きある空間が好き」なんです。

良いものは良い。

だからこそ、その良さを最大限に引き出し、それを建築いっぱいに響かせる。

それが、僕の仕事だと思っています。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP