オススメのサッシ 高断熱窓 サーモスⅡ-Hとは? 特徴・メリット・デメリット

オススメのサッシ 高断熱窓 サーモスⅡ-Hとは? 特徴・メリット・デメリット

はじめに

冷暖房が効きやすく、快適な家とするために大切なのは、断熱材だけではありません。実は、外部の熱の影響を最も受けやすいのは、窓です。
夏場は7割の熱が家の中に流れ込み、冬場は6割の熱が外へ逃げると言われています。窓から半分以上の熱が失われているのです。
快適な家とするためには、窓にも、こだわる必要があると思います。
今回はオススメの高断熱窓、サーモスⅡHについてご紹介します。

サーモスⅡH LIXILとは?

LIXILのサーモスⅡ-Hは、アルミと樹脂のハイブリッド、アルミ樹脂複合窓サッシです。

LIXIL サーモスⅡ-H のメリット

断熱性能が高い!
最も熱の影響を受けるのはアルミのフレーム部分です。そのフレームを最小化し、ガラス面積が大きくしています。さらに、ガラス部分には、一般複層ガラスの2倍ほどの断熱性能を持つ、Low-E複層ガラスが採用されています。
そのため、非常に断熱性能は高い窓となっています。

デザイン性に優れている!
フレーム部分が最小化され、ガラス面積が大きいため、スッキリと見え、デザイン性が高いです。採光や眺望の機能が高まり、開放的で気持ちのよい空間を実現出来ます。

紫外線をカット出来る!
Low-Eガラスには、紫外線を7割ほどカットする機能があります。家具の色褪せや肌の日焼け予防にもつながります!

メンテナンス性が高い!
樹脂部分は室内側だけなので、優れた耐久性があり、長く安心して使える窓です。

LIXIL サーモスⅡ-H のデメリット

価格が少し高めになる!
アルミサッシと比べると、複合サッシの価格はコストアップになります。
けれども、大幅ではないので、窓の断熱性能が高めることで、光熱費を抑えることも出来るので、長期的には取り返すことは可能かもしれません。

一言メモ

窓の性能を上げることは、快適で健康的な暮らしを送ることにつながります!断熱材だけでなく、窓にもこだわりましょう!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP