断熱材の性能だけでは快適な住宅にはなりません!

断熱材の性能だけでは快適な住宅にはなりません!

こんにちは!
愛知・岐阜・三重を中心に活動している設計事務所TAWKSの和田です。

設計を進めるにあたって、よくご質問頂く断熱。

今回は、断熱について、お話しますね!

築年数の長い建築では、断熱材の性能が低いことも、しばしばあります。
そのような建築では冬の寒さが厳しく感じることも多く、
不安な方も多くいらっしゃると思います。

けれども、実は、気持ち良く暮らそうと思うと、
実は断熱材の数値だけでは難しいものなのです。

では、どうしたら気持ち良く暮らせるのか?

例えば、庇。
夏の直射日光を遮り取り入れず、冬の太陽光は出来るだけ室内に取り入れる。

例えば、窓の配置。
窓を風の通り道を計算に配置することで、通風を有効的に活用する。

このような設計の無数の配慮。

この配慮が足りなければ、心地良く暮らすことは難しいです。

人間はコンピューターではありませんので、
断熱材の数値だけでは機械的な快適さになるでしょう。

それは、気持ち良さとは別物です。

けれども、他社さんでは、数値だけが語られることが多く、
不安に思う建築主様は、とにかく数値を上げることに固執しがちのように感じます。

確かに、断熱材の数値が高いことに越したことはありません。

けれども、専門家から見ると、オーバースペックで、
ご予算の分配に偏りがあると感じることも多々あります。

断熱性能を上げるよりも、
気持ちよく暮らすのに効果的なこともあるのです。

知らず知らずの内に、この設計部分を専門家以外に依頼していることが多いので、
仕方ないのかな。。。とも思いますが、非常に残念ですね。

TAWKSでは、そういった部分も建築主様に寄り添い、
建築主様がご納得いくまで、丁寧に説明致します。

一緒に気持ちの良い、豊かな建築を作りましょう!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP