堀部安嗣の建築 form and imagination

堀部安嗣の建築 form and imagination

堀部安嗣の建築 form and imagination

普通。それでいて、素敵。

きちんとしていて、優しい。

素っ気ないほどに上品。

そして、正直。

そんな建築をつくりたいなぁと思いながら、日々、設計に励んでいます。

堀部さんの建築って、そんなイメージがあったのですが、、、

この本では、堀部さんの建築が、

ページをめくるにつれて、年代順に家が紹介されていきます。

最初の方に紹介されるものから、段々と、間取りがエキセントリックになってますね。笑

けれども、それを感じさせない内部構成や、端正な外観が素敵でした。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP