オススメの断熱材 現場発泡 吹付ウレタンフォームとは?特徴・メリット・デメリット

オススメの断熱材 現場発泡 吹付ウレタンフォームとは?特徴・メリット・デメリット

現場発泡 吹付ウレタンフォームとは?特徴

発泡ウレタンは石油から生成されたウレタン樹脂に発泡剤を混ぜることで出来た断熱材です。その断熱材を現場で隙間無く吹付けていくのが、現場発泡の吹付ウレタンフォームです。主に外壁面、天井・屋根面の断熱材に使われます。代表的なものに、アクアフォーム・アイシネン・フォームライトSLがあります。ここでは、現場発泡 吹付ウレタンフォームのメリット・デメリットをご紹介します。

施工後の現場発泡 吹付ウレタンフォーム

現場発泡 吹付ウレタンフォームのメリット

断熱性能が高い!
隙間なく施工が可能なので、断熱の弱点が生まれにくく、数値通りの断熱性能が発揮出来る可能性が高いです。
さらに、熱伝導率(熱の通しにくさ)の数値も高く、断熱性能は高いです。

気密性が高い!
現場で壁に対して吹き付けて施工します。隙間なく、密着するため、気密性が高くなります。
高気密高断熱住宅にするためには、現場発泡 吹付ウレタンフォームはオススメです!

吸音性が高い!
吸音性が高いため、静かな住まいを実現できます。
この効果が非常に高く、グラスウールとは比べものになりません。

現場発泡 吹付ウレタンフォームのデメリット

安価ではない!
一般的な断熱材であるグラスウールよりは、コストは少し高めで、コストアップになります。
けれども、セルロースファイバーほど極端ではありません。

防火性能はない!
熱に弱く、防火性能はありません。

解体時が大変!
解体作業・その処分の分別が大変で、解体時にはコストアップの可能性があります。

一言メモ

現場発泡 吹付ウレタンフォームは、機能・コストのバランスの良い断熱材です。グラスウールと比べると、安価ではなく、防火性能が低いことがデメリットですが、それに比べてメリットが大きいです。水にも強く、耐久性も高いです。都市部でなければ、現場発泡 吹付ウレタンフォームはオススメの断熱材です!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP