設計事務所の総工費①

設計事務所の総工費

「設計事務所に依頼すると、設計監理費用がプラスされて、総工費が高くなるでしょ?」
と、たまに聞かれます。

けれども、設計監理費用というのは、どんな場合でも掛かっていると考えるのが妥当でしょう。

それをオープンに提示しているか、全体の工事費に含ませているかの違いだと私は考えています。

例えば、「設計費無料」という宣伝を、よく耳にしますが、そんなことは本当は無理ではないでしょうか?

お客様に提出される見積書から省かれているだけで、実際、費用は、かかっている可能性が高いと考えています。

設計費は、工事費の中に紛れ込ませているのでしょう。

設計図というものは、物件ごとに必ず必要になります。
その製作費も必ずかかっているのです。

物件ごとの詳細な設計図も無しでは、どうやって総工費の見積をするのでしょう?

フンワリした感じの見積で、本当に大丈夫か、私なら不安になります(笑)

設計図が無ければ、原則、建築を建てることは出来ません。
建築基準法でも決められているのです。

具体的には、建物を建てるためには、確認申請と呼ばれる申請を行い、
行政から許可を得なければ工事着工出来ないことになっています。

この確認申請時に、必ず設計図は必要になります。

そして、設計図なしでは工事も出来ません。

では、なぜ、設計事務所に依頼すると、

「設計費が余計にかかってしまう。。。」

と錯覚してしまい総工費が高いように感じてしまうのでしょう。

それは、設計事務所に設計を依頼した場合は、設計事務所と工務店(施工会社)、
両方と契約して金額を支払う必要があるからです。

けれども、このおかげで、設計費を隠すことが出来なくなり、
金額が全てオープンになります。

金額の透明性が高いために、錯覚される方が多いみたいですね。

適正な価格を正直に提示出来るのは、設計事務所の特色の1つです。

新築・リフォーム・注文住宅・デザイン住宅・店舗設計・店舗デザインなら設計事務所TAWKSにお任せください!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP