ライオンのおやつ レビュー

小説「ライオンのおやつ」

友人に勧められて読んでみた小説です。

ネタバレあります。

「生きること」と「死ぬこと」について考えさせられる内容です。

気持ちが重くもなり、軽くもなりました。

最も印象に残った文章は、下記。

”人生は、一本のろうそくのようだ。

ろうそく自体は、自分で火をつけることはできないし、火を消すこともできない。

一度、火が灯ったら、自然な流れに逆らわず、燃え尽きて消えるのを待つしかない。

ある瞬間は一番美しく感じる。”

”生きることは、誰かの光になること。

自分自身の命をすり減らすことで、他の誰かの光になる。

そうやって、お互いにお互いを照らしあっているのですね。”

最近の記事 おすすめ記事
  1. タケノコ・たけのこ・筍
PAGE TOP