小牧の家 RC/鉄筋コンクリートの縦筋・配筋検査 型枠の打合せ

小牧の家 RC/鉄筋コンクリートの縦筋・配筋検査 型枠の打合せ

愛知県小牧市 小牧の家。

鉄骨造3階建 総合リフォーム・フルリノベーションのプロジェクト。

小牧の家では、鉄骨造3階建の隅柱を撤去し、代わりに、RC/鉄筋コンクリート塀を設けます。

その縦筋が組みあがりました!

では、いつも通り、指示通りになっているか検査していきます。

縦筋・横筋ともに、丁寧に配筋されていて、指示通りのピッチになっていることが確認できますね!

強固な鉄筋コンクリートの壁が、鉄骨柱の代わりとなり、より強い構造体が出来上がります。

さらに、デザイン的にも、打放しのRC塀が高級感のあるエントランスホールを演出しますよ!

こちらは、打放しコンクリートのための型枠です。

コンクリート打設後、型枠を外しやすいように表面がツルツルしています。

TAWKSでは、目地の間隔、高さ、割付なども、職人さんとのお打合せの上、決めていきます。

これは、タイル、板金、コンクリート、すべて同様です。

今回のコンクリートの型枠のサイズも、図面・スケッチを用いて、全て打ち合わせしました。

全ての線に意図を込めていく。

この「一つ一つの指示が建物のデザインを超えた建築の魅力に繋がる」というのがTAWKSの信念です。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP