建築はほほえむ 目地 継ぎ目 小さき場 松山巌

建築はほほえむ 目地 継ぎ目 小さき場 松山巌

建築はほほえむ 目地 継ぎ目 小さき場 松山巌

学生時代に読んだ本です。
今は、どうだか知りませんが、
当時は、名工大の建築学科に入学した際に配られた、、、
気がしますね。笑
書棚の整理ついでに、妙に気になって、もう一度読み返しました。

本のコンセプトとしても、
大工の弟子達並びに、高校生・大学生など、
初めて建築を学ぶ人たちに向けて書かれています。

実は、このような本からが、
最も学ぶことが多いと、僕は考えています。

何事も考えるスタート、出発点、根本、哲学が大切ですよね。

1000円程度の本です。
けれども、表紙の素材、文章のレイアウトなど、多岐に渡り、
とても凝っています。
安っぽさも無ければ、変な高級感も無い。
歴史的な民家のような、味のある装丁が、建築の本質を突いている。
そんな本です。

本の内容としては、「建築とは」といったことが
特に難解ではなく、むしろ優しい文章、詩人っぽい感じで語られていきます。

伝えることが難しいことを嚙み砕いて、
優しく伝えるところも、改めて、勉強になりました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP