加茂の家 上棟

岐阜県富加町 加茂の家。

いよいよ上棟日を迎えました!

上棟(じょうとう)とは、柱や梁など建物の基本構造を1日でくみ上げることです。

棟上(むねあげ)、建前(たてまえ)、などとも呼ばれることもあります。

今回も天気良く、というか、良すぎて、猛暑の中の上棟となりました!笑

上棟前は、こんな感じ。

基礎・土台以外、何も出来上がっていませんが、、、

この日のうちに、一気に柱・梁が組みあがり、

屋根の下地まで出来上がります。

上棟が始まりました!

まずは、柱を立てていきます。

全部材、事前に図面通りに製材され、番号が振ってあります。

その番号通りに柱を組んでいきます。

柱を組み終わると、次は梁を組んでいきます。

3時ごろには、梁も組み終わり、屋根の下地を貼っていました。

1日でここまでの変化を遂げるのは、上棟ならでは!

上棟の合間には、クライアント様と、外壁などのお打合せをしたりします。

日暮れまでに、全ての作業が無事に怪我無く終わりました。

TAWKSでは、その建築の良し悪しを判断する基準として、

「上棟直後の姿」も大切にしています。

上棟直後の姿は、何の装飾もない、

最も、その建築の骨組・プロポーションが露わになった状態です。

今回も、お客様から、

「なんか、すでにカッコいいですね!」

と仰って頂けました!

大丈夫ですよー!狙ってやってますので!笑

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP