可児の家 地盤改良 柱状改良工事

可児の家 地盤改良 柱状改良工事

岐阜県可児市 可児の家

柱状改良工事を行いました。

この土地は、地盤が緩く、地盤改良が必要でした。

今回は、地盤改良の方法の中でも、柱状改良工事を採用いたしました。

柱状改良は、住宅などの小規模~中層マンションなどの中規模建築物にまで採用される、

最も一般的な地盤改良工法です。

施工方法がシンプルなので、費用を抑えられるメリットがあります。

写真のようなオーガーで掘削すると共に、セメント系固化材と土を混ぜ合わせて、

地盤内に柱状体の補強体をつくり、建築物を支持します。

今回は、元々が畑だったのですが、畑土や腐葉土だとセメントが固化しにくいことがあります。

そのため、事前に、改良工事業者と打合せをし、対策をしておきました。

しっかり固化するか、数日後、自分の目でチェックします。

このような指示や打合せも、TAWKSの現場監理業務の一部です。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP