可児市役所との話し合い

可児市役所との話し合い 市役所の建築指導課

間取りを検討する前には、必ず、市役所の建築指導課に行きます。

木造2階建て程度の家を建てるためには、基本的にそちらの許可が必要となりますが、、、

法規制は土地ごとに異なり、ケースバイケースで整理しておかなければいけません。

基準法等で、実際には建てることの出来ない設計図は、絵に描いた餅ですからね。笑

今回は、崖地での設計依頼を頂きましたが、その崖地の取り扱いに思うところがあり、土地家屋調査士、建築指導課の方、TAWKSの三者で話し合いを行いました。

「その崖地での設計及び調査は、建築士の全責任の下で行うこと。」

というのが、話し合いの結論ですね。

設計士・不動産会社さん・市役所さん、それぞれの立場・ポリシー・正義があり、それについて言うことは、何もありません。

相手の立場などを侵害してまで、こちらの意向を突き通すのも、ナンセンスだと思います。

まぁ絶対的な裏付けが無いのに設計するのは、建築士の仕事ではないって話ですね。笑

TAWKSの仕事は、全てファンタスティックに自由ですが。笑

実は、全て、構造計算などの裏付けがあるのです。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP