加茂の家 上棟前の基礎・土台の検査

加茂の家 上棟前の基礎・土台の検査

岐阜県富加町 加茂の家。

上棟を前にして、土台・基礎をチェックしていきます。

この検査も、結構重要です。

床の下地を貼ってしまうと、床下を検査するのは困難になります。

床下地を貼る前に、

・基礎の状況(ひび割れ・ゴミが無いか・水が溜まっていないかなど)

・土台の状況(アンカーボルトが土台の中心に入っているかなど)

こんなことをチェックしていきます。

ブルーシートに隠れていましたが、めくってみると、こんな状態になっていました。

コンクリート打設・脱型後にこのような状態になっていることを「ジャンカ」といいます。

「ジャンカ」の状況を評価し、補修方法を施工会社に指示しました。

もちろん、施工会社さんも快く応じてくれました!

第三者的な立場で、専門家(設計士)が細かくチェックすること「現場監理」は「設計」と同様に、非常に重要なことだと、私は考えています。

「誠意を持って施工します」というのが、どの次元の話なのか。

施工会社の独りよがりにならないようにチェックする。

それも、建築家・設計士の業務の一つです。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP