コンビニ人間

昨年から、読書の虫になりました。

気が付けば、月10冊程度のペースで読んでいます。

初めは、自己啓発・建築といった分野を読んでいたのですが、最近は小説を読みます。

自分の知らないドラマ・世界観に触れる感覚が好きです。

まだ、有名なものばかりを読んでいますよ。

その中で、今回取り上げるのは、「コンビニ人間」。

ネタバレあります。

コンビニのバイトさんとして人生を全うする人のお話。

「コンビニ人間」には、「コンビ二の声が聞こえる」。

内容は、ジブリの「風立ちぬ」にも共通するものがある気がします。

「主人公には、頑張って欲しい」というのも違うのでしょうね。

主人公は、はじめのうちは、

皆の期待に応えるために、普通になる。

という選択肢を選ぼうとしますが、

最後には、

皆のために、コンビニ人間として生きる。

(コンビニの声が聞こえてしまうほど、コンビニのために生きる人)

を選ぶしかないと気付く。

そこには、頑張るも何もない。ただ、受け入れるしかない。

ただ、全うするだけ。

という、お話。

さて、

このコンビニのバイトさんには、コンビニの声が。(コンビニ人間)

飛行機の設計士には、飛行機の声が。(風立ちぬ)

設計士や建築家には、建築の声が。(TAWKS)

聞こえる。

僕の場合は、小規模建築がメインの設計士ですからね。

その声と、お施主さんの声。両方に応えることが使命です。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 完成見学会 オープンハウス 八百津の家
  1. タケノコ・たけのこ・筍
PAGE TOP