TAWKSのドアハンドル

TAWKSのドアハンドル

TAWKSは、可児の久々利、ど田舎にあります。

久々利の冬は、とても寒いです。

当然、アイアンのドアハンドルでは、ヒヤッと、冷たくなってしまうのです。

木製の握り手は、それを緩和してくれます。

そのことに誰も気付かないでしょう。

でも、その普通さが良いんです。

オシャレにすることは、ベロベロバーみたいに誰にでも出来ます。

例えば、

何万円もする真っ白なシャツ。

3000円のシャツと、どう違うのか?

素人さんには違いを説明することは出来ません。

けれども、「なんか良い!」というのは絶対分かります。

そこを目指しています。

「スタンダード」を突き詰める。

それが本当のデザイン。

1mmの中にも哲学を。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP