アアルト自邸 世界の名建築

アアルト自邸 世界の名建築 アルヴァ・アアルト フィンランド 

世界の名建築シリーズ。

今回、ご紹介するのは、フィンランド出身の北欧近代建築の巨匠
「アルヴァ・アアルト」の自邸です。

アアルトの自邸は、ヘルシンキの中心地、少し外れた閑静な住宅地に位置します。
敷地は、とても広く、道路の反対側には、緑豊かな庭が広がっています。

モダニズム住宅(近代建築の住宅)として、建築史において、最もセンセーショナルだったのは、近代建築の三大巨匠による
ル・コルビュジェ サヴォア邸 1931年
フランク・ロイドライト 落水荘 1936年
ミース・ファン・デル・ローエ ファンズワース邸 1951年
でしょう。

※ミース・ファン・デル・ローエのトゥーゲントハット邸 1930年

けれども、アルヴァ・アアルトの「マイレア邸」こそが世界最高の住宅だという方は少なくありません。

そんな「マイレア邸」の先がけとして挙げられることも多いのが、この「アアルト自邸」です。

「アアルト自邸」は、1936年に設計されましたが、当時、すでにアルヴァ・アアルトは、モダニズム建築家として、世界中で有名でした。

同時代の建築家、三大巨匠やその他のモダニズム建築家による建築は、鉄やコンクリートによる構造的な技術進歩による自由度の高さを活かした建築(ガラスなどが多用される)が多いです。

まぁ日本みたいに柱と梁による木造の文化ではなく、組積造の文化ですからね。

鉄骨造・コンクリート造が生み出されるまでは、穴ぐらみたいな建築しかなかったのです。

大開口に固執するのは当然だと思います。よっぽど、目新しかったのでしょう。

けれども、アアルトの作風は、明らかに、そのような建築とは異なります。

「オリジナリティ・独自性を求めて、近代建築の別のあり方・方向性を実現させようとしたのだ」

という方もいらっしゃいます。

僕は、フィンランドという特異な風土・気候の中では、仕方がなかったのだと思います。

真冬は、-20度~-30度が当たり前の国です。

そんな国において、当時の技術力で、インターナショナルスタイル(全方位、全面ガラス)の建築など創ろうものなら、それは建築家による暴力でしょう。

別の方法論を見付けるしかないし、その方がフィンランドには間違いなく合っている。

デザイン・芸術は、限定された特異な条件の中でこそ、独自に進化し、発展するものなのでしょう。

真のオリジナリティは当たり前を突き詰めた先にこそある。

厳しくも、美しい自然と、どう向き合えば良いのか。

今もなお、アルヴァ・アアルトは教えてくれます。

フィンランド・ヘルシンキに行った際は、ぜひ、行ってみて下さい。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP