北アルプス 雲ノ平・黒部五郎岳 周回ルート

北アルプス 雲ノ平・黒部五郎岳 周回ルート

7・8・9月と全然晴れずに、

リスケ・リスケで全然山に登れなかった。。。

アウトドアフリークには辛い夏でしたね。

そんな夏に比べて、

「こんなに晴れられても、身体もたんて!」

って感じで、10月は晴れまくり。

そんな状況もありつつ、

立山に行く計画を打合せしていた際に、

「せっかく立山に行くなら、どこか別の山にも登りたいよねー!」

と何気なく出た一言から、急遽決まった

「雲ノ平・黒部五郎岳 周回ルート」

前日に立山を10kmほど散策したのにも関わらず、

このハードコース、距離42km・累計標高差3200m

3日間合計で50km・4000m以上に挑戦してきました!笑

■DAY1

折立の登山口からスタートし、開始すぐに、絶景が広がります。

この日の朝は空が綺麗で、まるで映画「君の名は」のよう。

正直、昨日の立山と合わせて、すでに満足感通り越して、

少し消化不良起こし気味ですw

けれども、気合でかき消し、突き進みます。

太郎平小屋の辺りですが、ここも絶景。

なだらかな優しい稜線が続き、気持ちが良い。

歩くのが楽しい!

ここから、結構な感じで下り、雲ノ平へ登っていきます。

雲ノ平へ到着しました!

雲ノ平は、北アルプス・黒部川源流にある、日本一高い台地。

どうやってアクセスしても道のりが長く、

日本最後の秘境とも呼ばれています。

庭園が広がり、木道が続き、

水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳など、

名立たる北アルプスの名峰を眺めることが出来ました!

雲ノ平を通り越すと、槍ヶ岳をバックにして、

今夜の宿泊地・三俣山荘が見えてきました。

実は、このルート、

北アルプスの名峰をほぼ全て眺めることが出来るのです。

が、しかし、三俣山荘へ至るまでには、

この激坂を下り、さらに激坂を登り返す必要がありました。

この日、すでに、20km近く歩いています。。。

死ぬ思いで登りました。笑

朝4時に出発し、

夕方前には三俣山荘でテントを張ることが出来ました!

鷲羽岳のアーベンロートの美しいこと。

これだから登山は、やめられません。

■DAY2

2日目も、明朝4時には登山を再開しました。

タイトなスケジュールから、

モルゲンロートを拝むことは出来ませんでしたが、

美しい朝焼けの空をバックにした北アルプスの群峰は、

見事!

ここから10kmほど歩き、

ようやく、黒部五郎岳へアタックする地点まで辿り着きます。

ですが、、、黒部五郎岳を目にして、、、

「え?これ登るの?」

って感じの、ゴリゴリの黒部五郎岳が登場。笑

立山からカウントすると、すでに50km近く歩いてからの、

このゴリゴリ感。

絶望。。。

しばらく、眺めて、休憩しました。笑

死ぬ想いで登り切った黒部五郎岳の山頂には、

こんな絶景が広がっていました。

槍・穂高・薬師・鷲羽・水晶・赤牛・三俣蓮華・雲ノ平etc…

もう全部見えるんじゃないかってぐらいの眺望。

最高かよ。。。

薬師岳を眺めながら、下山開始。

疲労感は限界通り越して、いっそ清々しくもある。笑

独立してから、初めて3連休を取りましたが、

オモイッキリ遊びつくしました!

北アルプスの名峰を巡る

「雲ノ平・黒部五郎岳 周回ルート」

体力オバケな方には、オススメのルートです。

来年は、今回、眺めた全ての山へアタックするとか、しないとか。笑

読んで頂き、ありがとうございました!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 可児の家 内部・下地
  2. 絵画の個展 秋麗~あきうらら~開催
  3. 農園プロジェクト
  4. 鵜沼の家 訪問
  5. 個展 秋麗 油絵・水彩画
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP