天然木ウッドデッキとは? 特徴・メリット・デメリット

天然木ウッドデッキとは? 特徴・メリット・デメリット

天然木ウッドデッキとは?特徴について

ウッドデッキは、基本的に大きく2つに分かれます。天然木人工木です。
ここでは、天然木のウッドデッキのメリット・デメリットを紹介します。
天然木とは言っても、木には様々な樹種があり、樹種によって性能が変わってきます。
天然木の中でも、ウッドデッキに適した樹種があります。
安い樹種、例えば、SPF材、杉などでウッドデッキを作るのは、やめておいた方が良いでしょう。ウッドデッキには不向きで、すぐにボロボロになります。
直射日光(紫外線)・雨などに強い樹種が適しています。
ウリン・イペ・セランガツなどです。
ここでは、それらのメリット・デメリットを解説します。

天然木ウッドデッキのメリット

耐久性が高い!
密度が高く、硬い天然木は劣化が少なく、強度が高いです。
耐候性にも優れ、耐久性は高いと言えます。

メンテナンス性に優れる!
水にも強いため、腐食しにくく、非常に硬いためシロアリなどの被害も受けにくいです。
防蟻材・防腐剤を定期的にする必要がなく、メンテナンスが簡単です。
薬剤を使わなくて済むので、お子さんのいる家庭でも安心して使えますね。

変形しにくい!
水に強いため、湿気の影響も受けにくく、木材の反りやひねりなどの変形も起きにくいです。

本物の持つ質感・風合い・温もり!
天然木の持つ質感・風合い・温もりがあります!
本物が持つ良さを楽しみたいのであれば、天然木がオススメです。

天然木ウッドデッキのデメリット

コストが高い!
非常に硬い木材なので、施工に時間と手間がかかり、コストが高くなります。
さらに、近年では伐採量が制限され、材料費も高くなっています。

一言メモ

人工木、天然木、それぞれにメリット・デメリットがあります。何を優先すべきかは人それぞれですので、自分の理想に合う方を選ぶのがオススメです!人工木のメリット・デメリットも上げているので、そちらも参考にしてみてください。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP