全体と細部を同時に計画します!

全体と細部を同時に計画します!

全体と細部の視点を横断する

まず、間取りを決めて、次に素材や設備機器を決めて、最後に外構・・・
というのが一般的な家づくりの流れでしょう。
けれども、それでは、取ってつけてたような後出しの連続。
建築・家づくりが失敗する可能性が非常に高く、大変危険です。

可能性を最大限利用し、クライアントにとっての本当の理想を追求するためには、全体と細部を同時に考え、横断する視点が必要です。

総合的に考える。俯瞰的な視点。

理想の建築・家づくりを成功させるためには、まずは、総合的に全体を考える俯瞰的な視点が大切です。

TAWKSでは、最初のご提案から、
・敷地、土地全体の使い方。外構・造成など。
・建物の外部と内部のイメージ。
・家具のデザイン、レイアウト。
・構造や断熱などの機能面。
・どのように家事をするか、収納するか、暮らし方。
・照明計画。
・設備計画。
など、様々な方向から、総合的に検討したものをご提案します。

提案内容は変更可能です。むしろ、細かなご要望に応じて、変更していきたいと思っています。けれども、最初に、叩き台としての全体像をつくることが家づくりの成功のカギです。

TAWKSでは、CGやイメージ写真を多用し、分かりやすい全体のイメージをお見せします。正確で明確な全体像です。
依頼主も、最初から様々な視点で、総合的に検討することが出来ます。
より多くのメリットを選択し、こだわり・ご要望を一緒に守リ抜きましょう。

細部を考える。

建築の品質は、細部の品質で決まります。
TAWKSは、きめ細やかに配慮した細部を集積し、全体の魅力を生み出します。
TAWKSには、キッチンなどの家具~取手・ハンドルなどのアクセサリーまで、建築の様々なものを設計・デザインするノウハウ・経験があります。
どこまで、あなたのライフスタイルに合わせられるか、理想をカタチに出来るかは、細部の設計にかかっています。
細部の設計力は、設計の技術力であり、引き出しの多さの証明です。

7つのルールの目次に戻るには、こちら

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP